カテゴリ:
銅版画用の道具を探していたら
なんと!
電動ドットペン”を発見
イメージ 1
こんな紙箱に入ってまして

さらにブリキの箱に入ってます
イメージ 2

開けたら・・・
イメージ 3

ペンがあります
充電用のケーブルと予備の芯もありました

電動ドットペンで、、ちょっと描いてみると
イメージ 4

こんな感じで書けます

しかし、、、銅版画で使ってみるとボールペンの点なので
ちょっと太いのよね~~~
(想定通りです)

なので、、、、
予備の芯も買っておいて
自作の芯を2種類ほど製作して
取り付けてみました

イメージ 5

上の黄色の軸が改造芯
下がオリジナルの芯です

改造芯はちょっと太めにしてますが
オリジナルよりメチャとがってます
他にも改造芯を製作しているので、、取り替えて使うつもりです

オリジナルのペンの装着状態は↓
イメージ 6
こんな感じですよ~~

いやあ、、電動ドットペン メチャ役に立ちます~~~

とりあえず、、オリジナル芯(ボールペン先)で版にドットを打ち込みました
やはり、、ペン先は太すぎかな?
数種類のペン先を準備しなければなりません・・・



銅版画の新しい道具で新技法の作品を構想してますよ~~~
現在、ペン先を追加製作中で~~す