カテゴリ:
戦後の日本ではYS11という国産旅客機を製作した
つい10年ほど前まで飛んでいた飛行機だ。。
このYS11以来、国産の旅客機は製造されてない

日本の某社は旅客機の下請けをして
胴体や翼などのフレーム等の製作はしていた
さらに、戦闘機等の製作もアメリカと共同で製作した
現在では完全に国産化したジェット戦闘機の実証機を製作中
この戦闘機も、まだ、空を飛んでいない

現在、MRJという小型旅客機を製造しており、
初飛行するための、試験を重ねてきた
どうやら、本日(2015年11月11日)初飛行をするらしい

初飛行をしてもすぐに量産化とはならず、
安全の確認が必要(型式認定)
複数機を準備して試験飛行をすることになっているようです

初飛行の模様はTV等で大きく取り上げられることになるだろう
無事に飛んで欲しいものです

そして
型式認定を取得し
すでに400機以上も受注しているらしいので
無事に納品してもらいたいと思います

MRJ(三菱・リージョナル・ジェット)
Mitsubishi Regional Jet
Regional とは 地域とか地方という意味で
主要区間以外のローカル用ジェット機という意味なんでしょう
なので、たとえば、大阪⇔新潟の
ボンバルディアのターボプロップ機で飛んでいるような
そんな区間(路線)を受け持つことになると思われる
となるとジェットなので高度が維持できて、
快適なフライトになるなあ・・

それにしても、まだ出来てもいない飛行機に
沢山の注文をしている
発注者はもとより
今日の飛行試験は大注目だ・・