アーカイブ

2015年02月

Do!銅版画 2015 出品作品  (号外)

カテゴリ:
先の御案内どおり、昨年に続いての Do!銅版画 2015を行いますが
お約束通り、今年の出品作品をネットで披露させて頂きます
(ただし、私の作品だけですけど・・)

ギャラリー会場の雰囲気です
右側面(見えません)と正面が銅好会のメンバーです
左側面(見えません)と正面の一部が招待作家です
イメージ 1
招待作家には美術館の常設展に展示されていたり、
美術館前の大型モニュメントを制作・展示されていたりする先生も・・
ちなみに、私の作品は ほぼ正面の真ん中に? 
見えるかな? 見えないかな?

既に、本ブログで紹介はさせて頂いておりますが

私の出品作品を紹介させて頂きます。

イメージ 2
ap F市の港 カフク・エビ男 23cmX18cm 2014年作
 

イメージ 3
インド水牛(骨) カフク・エビ男  7.5cmX17cm 1985年作

この2点です

会場に来られた方に、銅板画とは?
の説明用パネルを準備しました。
イメージ 4
日曜日にはイベントとしてプリントデモンストレーションをする予定です


最後に、またまた同じ案内ハガキで締めくくらさせて頂きます。
イメージ 5
イメージ 6

日時 2015年2月24日(火曜)~3月1日(日)まで
場所 ふくやま美術館 ギャラリーです
尚、明日の25日(水曜)の午後は当番で受付に座っております~

本日も最後までお付き合い頂き有難うございました

F市の漁港 (銅版画) 経過4

カテゴリ:

いよいよ F市の漁港 (銅版画) も終わりに近づいてきました
同じネタなので、見飽きた方もおられるかと思います。
そこで、今回は刷りの過程もアップします
出来るだけ専門用語は使わない様にして
軽く説明してみます~

、先ずは版をホットプレートに乗せて
温めながら、作業をします。
イメージ 9

版が温まったら、よく練った黒インク(凹版用)を
版の溝に詰め込むように擦り付けます
イメージ 1

同じ調子で、版全体に擦り込みます
版を温めながら刷り込むので、インクが細かい溝に入りやすいと言うわけです
イメージ 2

次に、寒冷紗などで余分なインクをザックリと除去しますが、真っ黒です
イメージ 3

今度は紙を使いただひたすら拭いていきます
版の溝にあるインクを擦り取らないように力を入れて拭けません
イメージ 4
ひたすら30分以上も拭き取ります
版が大きいと拭くのが大変です。


凸面のインクが拭き取れたら
他の色を擦り込みます
ここでは雲を黄色で溝に入れました
イメージ 5


今度は、ローラーにインクを乗せて
フィルム越しに版にインクを乗せます
イメージ 6
青と緑と朱色を乗せました


更に、黄色と、海の部分に強引に色を乗せて
1版多色の版にインクをのせることが出来ました。
プレス機に乗せた状態が↓。
イメージ 7

試し刷では100円ショップのボロ激安紙に刷りましたが
本番の紙はフランスの高級紙を事前に水で湿らせておいた物を使います
イメージ 8
プレス機で圧力をかけます
裏からですが、版の端の形(プレートマーク)や、
版の溝に紙が入って線が見えます。

版画で1番楽しい その時がやって来ました
紙をめくって版から外します

イメージ 10

以前より少し軽くなりましたが
イマイチ

この後、ホワイトガソリンで、プレス機の汚れを拭き
版のインクを拭き取って綺麗にします
これで一枚刷る事が出来ました。
約2時間の作業でした。
つつつ、、、疲れる~~

そろそろ飽きてきたので
次回、もう一回だけ刷ってみます

ということで
次回はF市の漁港 (銅版画) のファイナルとします~

本日、Do! 銅版画展の飾り付けをしました。
ふくやま美術館で火曜日から日曜までの会期です
そちらの紹介は、また火曜日に~~


今日も、最後までお付き合い頂き有難う御座いました。

今年、3台目の新車 MB

カテゴリ:
今年、3台目の新車にのりました

MBのC180アバンギャルド。。
イメージ 1
昨年の車検後の一年点検の代車です
イメージ 2
今のクルマとくらべて排気量は小さいが、メチャよくなってる
2日ほどのったけれど、いい感じ
車やさんの作戦か?
嫁殿もいいなあ~  発言・・・・
前を走っているクルマについて行く、ブレーキも勝手にかかる。。。
ハンドルもかってに道路にあわせてまがる、、
レーダーやカメラがメチャメチャ付いていて、飛び出しにも対応するらしい。。。
バックアイのモニターがメチャうつりがよいし
かべに接近するとアラームが前後共なる。。
追突されそうな時もアラームをならしてブレーキ圧をあげて追突にもそなえるらしい
しかもアクセルを踏んだら、それなりに加速する・・・
ひゃああ~~~
イメージ 3
いま風のインパネ。。。
室内は
イメージ 4
こんな感じです
ええわあ~~   クラクラきそうです
ヤナセさんの戦略にはまりそう・・・
車のアジリティ(乗味)もスポーツ2モード、ノーマル、エコと4モードも
ちょいちょいと変更できます。。。
私のは2モードしかない。。。
ミッションは7速で、パドルシフト、、、完璧に今風です。。。
おっと、ヤナセさんの販売員ではないですよ~~
イメージ 8
しかも、こんな文字がさりげなく・・・・
イメージ 9
車のホイールにもAMGの文字が・・・・   見ためだけでも・・・
ええええ~~  きゃい~んとなりそうです。

でも、車検1年後の点検費用が25万超えだった。。。
ひゃああ~~~   車検じゃないのにねえ~
ヤナセさんのクルマは新車だけの4台目なんですけど~~  もうちょっとまけてくれえ~~
vw1台、MB3台つきあった・・・・  途中ででプジョーに浮気をしたけど・・・
まじで、初中古車を考えたくなります・・・・

ということで、代車の車で地元の温泉に行ってきました
イメージ 5
ド派手な番台は昭和の雰囲気です
イメージ 6
ポスターも。。。。古い昭和の感じで
ラドン温泉からあがって、
イメージ 7
あなご重をいただきました
やあ・・・・ しまなみ海道で食べたあなご丼よりメチャうまかった。。。
のんびり、湯ったりの1日でしたあ~
で、本日ですが、、車を受け取りました
なんとなく、、新しいのがいいなあと思う今日この頃です
(完璧に作戦にのせられてます)

嫁殿もクラクラしているようです・・・  おお~~ おそろしい~~  ( ^_^)/~~~

今回も、ただ乗りの車話におつきあい頂きありがとう御座いました~

F市の漁港 (銅版画) 経過3

カテゴリ:
また、同じネタですみませんが
F市のシリーズです

前回の試し刷りでは、こんな感じでした。
イメージ 1
↑前回の試し刷りです (一枚20円の激安紙です)

その後、版を修正して
今までは、試し刷りということで
激安の紙に印刷をしておりましたが、今回はまともな紙に刷りました。
フランスのハーネミュラ~です。

先ずは、一色で刷ってみます。
これで、黒の調子が見えてきます。
イメージ 2
白黒だけれども、随分と調子が出て来たような(自画自賛?)

ここで、1版多色刷りをしてみます。
イメージ 3
こんな按配になりました

サンセットの雰囲気はもうちょっとかな?
全体的にちょっと重いので
雲と海を見直す事にしました。

一枚刷るのに、おおむね2時間くらいかかります
プレス機から紙を剥がす時が感動?の瞬間です。

さて、雲と海の見直しは今度の日曜日(2017/2/22)に予定しています
ちなみに、その日は銅版画展の搬入日なので、
ちょっと忙しくなりそうです
たぶん、午後から一枚だけ刷ることができるかな?
では、次回の F市の漁港 経過4をお楽しみに~

今日も最後までお付き合い頂き有り難う御座いました。 m(_ _)m

今年もやります Do!銅版画 2015

カテゴリ:
昨年に続いて、Do!銅版画 2015を行います
今年は福山エッチング銅好会会員と瀬戸内三都市(福山、広島、岡山)の作家達です
日時 2015年2月24日(火曜)~3月1日(日)まで
場所 ふくやま美術館 ギャラリーです
なお、ブログの皆様には福山記者クラブへの広報まえに先駆けてご連絡します

イメージ 1

現在のところ招待作家は9名です
一番有名なのが高橋秀先生です。

イメージ 2

ちなみに、今回の私の作品は既に本ブログで紹介した一枚(F市の港)と、約35年前の銅版画を(インド水牛[骨])の二点だけの予定です。
今回の《Do!銅版画 2015》の会期に合わせてブログでも発表させて頂きます
なので、間違ってもワザワザ見にこられる必要はありません~~   (T_T)/~~~

今回も、最後までお付き合い頂きありがとうございました~

このページのトップヘ

見出し画像
×