アーカイブ

2014年02月

2階部分の躯体工事状況

カテゴリ:
2階部分の躯体工事が進んでいる。

1階部分の躯体工事より高いだけに中々進まないようだ。
イメージ 1


 正面から見ると
イメージ 2


左右にコンクリートの梁を渡すのだけれども、
これも面倒な工事だなあと思う
聞けば3月5日に2度目のコンクリートの打設を
予定しているらしい。
当日は出張で見れないのが残念だなあ。。。

Do! 銅板画2014 @ふくやま美術館ギャラリー

カテゴリ:
2014年2月25日から3月2日まで
Do! 銅板画2014
というタイトルで銅板画倶楽部展が始まりました
場所は
ふくやま美術館ギャラリー(広島県福山市)です
 
全部で41点(18人)の展示ですが
 
先生の隣に飾って頂きました。
 
イメージ 1
タイトル Break-up
サイズ 30cm x 25cm
銅板画(エッチング)
 
 
イメージ 2
タイトル F市の橋
サイズ 18cm x 12cm
銅板画(エッチング)
 
ちなみに、ギャラリーの全景
イメージ 3
 
初日には地元新聞社の取材(2社)がありました。
これで、わざわざ、F美術館に足を運ぶ必要はありません
でも、 他の人のも見たい方はどうぞ~~

久しぶりの照準器付き装甲車?

カテゴリ:
久しぶりに照準器付きの装甲車(走行車)を運転してみた
イメージ 1

前方の車をロックオン? んなわけがありません

イメージ 2

走行車の速度計は最大240km/h 古いだけに少ない。
ちなみに、全走行距離は18万kmを超えている。。
流石に装甲車は恐るべき耐久性がある。
ちなみに5速、古い割には多段だし、パワーシート付き
イメージ 3

なんとも古めかしいが、もう一日乗って楽しませてもらう事になっている。

義理の兄がポルシェのカイエンに乗ってきて、装甲車を見て笑って行った~
私も、大笑いした~  はあ~



イメージ 4

おっと、最後の写真は誰でしょう?
ヒント 今は亡きオリンピック選手です。 ←これがヒントかよ~

コンクリート打設(1F部分)

カテゴリ:
2014年2月13日
1F部分にコンクリートを流し込んだ
 
あとで分かったのだが、足場が出来ている
この足場の上に上がってコンクリートを流す作業をする。
 
イメージ 1
 
そりゃそうだろうね、足場が無いと作業できない
コンクリート打設を見て初めて理解できた・
 
8時30分過ぎに行ってみると、
すでに作業を開始していた。
イメージ 2
写真では分かりにくいが、とても沢山の人がいる
コンクリートのポンプ車のホース(象の鼻みたいな)を
持って、目的の場所に打ち込む人、
流し込みながらコンクリートに振動を与えるバイブレータを差し込む人が2人
それぞれのバイブレータのケーブルを支える人が2人、
躯体の下に入って、木槌で躯体を叩く人が8人くらい?
生コン車の運転手が1名
工務店の監督、他が3名くらい
建築設計事務所の先生と担当で2名
生コンのサンプリングをしている人が1名
道路封鎖をしているので、警備員が3人
20人くらいまで人数を数えてみるが、よく分からない
25人くらいいたのかな?
イメージ 3
手前のコンクリートを打設になると
どうやっているか、良く見える
よってたかって、木槌で叩いたりしている。
 
イメージ 4
初回のサンプル
外気温度は5℃、コンクリートの温度は8℃
塩化濃度は殆どない・・
 
サンプルは生コン車ごとにもサンプリングしている
 
生コン車はタイムリーに来て待機していた。
4トン車が4台
10トン車が9台
合計13台
最後の10トン車は満載では無いと思うが
それにしても、今日一日で100トンものコンクリートを
流し込んだようだ
容積にすると40m3くらいかな?
基礎部分や2F部分までを加えると
いったい、どれくらいの量に??
工務店の専務と話をしていたら、
昨年末から生コンの値段が1m3あたりだと思うが
2000円も値上がりしているらしい。
 
ところで
生コン打ちは途中で止めると綺麗にならないということらしい。
朝の8時から作業して、夕方の4時過ぎまで
10時になっても休憩無し、12時を過ぎても昼食無しで作業
それから片付け等、、
頭が下がる思いで、申しわけなく思いつつ
私は帰宅しました。
 
初めてのことですが、生コンは時間をあけると
(たぶん)まだらになる・・・らしいです。
 
いくら連続作業といっても、右で作業して左にもどると
少しではあるが時間差が発生してしまう
 
その時間差でもコンクリートは模様が出来てしまうらしい
普通は大丈夫ということらしいが、違いが微妙にでるらしい。
なので、時間差が発生した場所に
建築事務所の先生が自ら水を吹き付けて養生をされていた
現場監督の経験があるだけに、こういう細かいところに気を使っている。
 
夜の8時前に建築事務所の担当の人に電話をしたら
投光器をつけて、まだ作業をして・・・
休憩無し、昼食無し、ただただ感謝した
  
最後に全景
イメージ 5
 
エビ邸前の道路を封鎖せよ! 状態でした。
ご近所の皆さん、ご迷惑をおかけしました。

タイトル決定 F市の風景→F市の橋

カテゴリ:
福山美術館で2014年2月25日から3月2日まで
広島県のふくやま美術館ギャラリーで
Do!銅板画2014に出品すべく
制作を続けています
 
今日は
 
銅板画制作の経過報告です
昨日は4枚刷りましたが
まずは
イメージ 1
黒一色刷り
 
1版4色刷り
イメージ 2
さらに
イメージ 3
1版こてこて色刷り
(こてこて刷りなどの呼び方はありません)
 
どうも、収まりが・・良くない・・・
 
タイトルは
F市の風景
あらため
F市の橋
 
これって、松本俊介画伯の
Y市の橋 もどきのタイトルです
ちなみにY市は横浜です
 
さてF市は何処でしょう?
 

このページのトップヘ

見出し画像
×